P1160644

巨大ターミナルと化した難波地域や、巨大な広告看板などが街を彩る道頓堀地域から1.3km。観光地に近い地域ですが、あまり知られていない駅があります。

南海汐見橋線の終点、汐見橋駅です。

P1160566

これまでの取り組みとしては壁面に巨大なアート画を描くなど、色々実施してたんです。知ってました?

P1160567

P1160560

P1160556

ちなみに、周辺駅は「桜川」となっています。
P1160555

そして、今回は「観光案内図」。

こんな感じで劣化が進んでいたため、一度撤去されました。
Shiomibashi Station annai 20160226
大道フェニックス, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示

それが、こんな感じになりました。
P1160575

こんな感じ。
P1160644

P1160647
▲なんとなく明るくしてみた

詳しく見てみましょう。
P1160639


まずは難波周辺。南海難波駅に道頓堀、通天閣。南海難波駅のラピートの球まで。
P1160580

P1160641

P1160643


Namba Station
Own work, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を活用して表示

泉北・河内方面。
ちゃんと泉北高速も描かれていますね。
P1160581

ちゃんと「堺トラム」も。
P1160582

2016-9-25-hankai-1003
TRJN, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を活用して表示

こちらには住吉大社が。
P1160584

さて、これはなんでしょうか。深井の水賀池公園でしょうか。
P1160587

これもなんでしょうか。上は「原池公園野球場(くら寿司スタジアム堺)」、下はビックバンでしょうか。
(タンポポはリサイクル公園や沿線公園?)
P1160590


その他にも浜寺公園駅舎やラピート、大仙古墳群。
P1160591

NintokuTomb
Copyright © National Land Image Information (Color Aerial Photographs), Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, Attribution, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を活用して表示

Hamaderakoen Station 20190806
切干大根, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を活用して表示

これは観心寺だと思われます。
P1160593

Kanshinji Kondou
Hiro2006 at ja.wikipedia, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を活用して表示

紀ノ川に天空。こうや花鉄道の地域ですね。
P1160596

Nankai-2258-TENKU
Rsa, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を活用して表示

こちらはだんじりにりんくうゲートタワービル関西国際空港
P1160599

Haruki danjiri 2011
Hhaithait, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示

グループ会社外の「水間鉄道」も。水間寺・水間観音駅も。
P1160626

DSC_0955
▲水間観音駅

P1150038
▲水間寺

※ちなみに水間寺の左の施設は何か分からず

ヤシの木が並んでいる地域は「りんくうマーブルビーチ」でしょうか。
イオンモール泉南(オフ会〇人)は雲隠れしてますね。
P1160602

多奈川線も。流石にみさき公園は描かれていない感じでしょうか。
P1160603

そして加太線。キャラクターが鯛を持ちながら「めでたいでんしゃ」に乗ってますね。
P1160608

P1160605


Nankai7967-2019-9-16
TRJN, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示
Nankai7962-2019-9-16
TRJN, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示
Nankai7970-2019-9-16
TRJN, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示

淡嶋神社も描かれていますね。
Awashima-jinja, haiden
Saigen Jiro, CC0, ウィキメディア・コモンズ経由で
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示

友ヶ島汽船も。
P1160611

そして和歌山市駅。キーノ和歌山など。
P1160614

和歌山城も。紀ノ川橋梁も。
P1160616

Nankai Kinokawa Bridge down line

User:手練, Public domain, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示

最後にたま駅長(和歌山電鐡)が。
P1160627

Station-Master Tama
Sanpei at the Japanese language Wikipedia, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
▲ウィキメディアコモンズのHTML埋め込み機能を利用して表示

※たま駅長は2015年に死去。現在はウルトラ駅長 ニタマ/スーパー駅長 よんたまが勤務中。たま駅長は「たま神社」で神様として末永く利用者を見守り続けている。

改札外で無料で見れますので、ぜひ見に行ってみてはどうでしょうか。
P1160632



南海電鉄・泉北高速・阪堺電気軌道 鉄道ブログ・テーマ
南海電鉄・泉北高速・阪堺電気軌道
↓ランキング参加中!よろしければクリック(タップ)お願いします!↓
鉄道コム

↓こちらもよろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

-おまけ-
P1160635
▲温度計

P1160638
▲電車は毎時2本につき注意。汐見橋駅の場所は左下の少し右、赤い場所。

以上