702鉄道ノート

撮影記録や鉄道関連ニュースなど。

2020年03月

【長良川鉄道】明日から全線運転再開 今月発生の脱線事故の影響

2020年3月18日に美濃太田駅構内で発生した列車脱線事故の影響により一部区間で運転を見合わせ、代行バス輸送を行っていた長良川鉄道の越美南線は明日から運転を再開します。

2020年4月1日の始発より美濃太田駅~関駅間を含む全線で列車の運転を再開します。
引用元:http://www.nagatetsu.co.jp/emergency/2451/

なお、関駅から美濃市・北濃方面は既に列車を運行中です。


↓ランキング参加中!よろしければクリック(タップ)お願いします!↓
鉄道コム
以上

【鉄道むすめ】鉄道むすめLINEスタンプ 4/2リリースへ

トミーテックが展開するキャラクターコンテンツ「鉄道むすめ」のLINEスタンプが登場することが発表されました。
「鉄道むすめ」のLINEスタンプ展開は今回が初となります。


このツイートではトミーテック広報「立石あやめ」さんの画像が掲載されている以上、スタンプで登場するキャラクターの1人に「立石あやめ」さんが登場するのは間違いないでしょう。

他のメンバーはどうでしょうか。
何十人といる「鉄道むすめ」ですので全員採用は難しいでしょう。

メンバー予想の際の参考となるものとして、以前開催された「第1回鉄道むすめトーナメント」での結果を見てみましょう。
・優勝:釜石まな(三陸鉄道)
・準優勝:和泉こうみ(泉北高速鉄道)

(敬称略)

1回戦42%/42%、1回延長戦50%/50%、1回再延長戦49%/51%、決勝戦51%/49%の””激戦を繰り広げた以上、ともにメンバーに入ってほしい限りです。

※この際の激戦については→https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/02/news044.html(外部サイトに飛びます)

それ以前の鉄道むすめ10周年記念人気投票では
・優勝:鬼怒川みやび(東武鉄道)
・準優勝:石山ともか(京阪電車)
(敬称略)
でした。
こちらも現在も人気が強いイメージです。ともにメンバーに入ってほしい限りです。(2回目)

これら以外にも鉄道むすめは居ます。投票実施後に登場した鉄道むすめも居ます。
誰がLINEスタンプを務めるのか、今から楽しみですね。

配信確認出来次第、また記事でお伝えできればと思います。

※ここまで2020/03/27 16:56更新分

【追記】2020/03/31 10:51更新

以前のツイートでは立石あやめさんが「注目」と書かれた両手持ち旗を持っているスタンプの画像が紹介されていましたが、本日追加で
・立石あやめ「スマホを持って『イイネ!』」スタンプ
・阿武隈急行の丸森たかこさん「壁から半身出して『後程ご連絡します』」スタンプ
・      〃      「スタンプを持って『GET』」スタンプ

の画像が公開されました。配信は明後日。楽しみですね。
ちなみに今回の絵担当はMATSUDA98先生ですね。(以前から「鉄道むすめ」でも絵を描かれています。)

【追記】2020/04/02
発売されました


↓ランキング参加中!よろしければクリック(タップ)お願いします!↓
鉄道コム
以上

【JR四国】土讃線 アンパンマン列車新型導入へ

JR四国は土讃線で運用されている「アンパンマン列車」を現行の2000系気動車から新型の2700系気動車にバトンタッチすると発表しました。

4両1編成×2が導入され、岡山~高知間で運行されます。

1 対象列車 土讃線アンパンマン列車
2 導入時期 2020年度の夏期(予定)
3 運転区間 岡山~高知間
4 対象車両 2700 系特急形気動車8両(4両1編成×2編成)
5 列車名
土讃線あかいアンパンマン列車
土讃線きいろいアンパンマン列車

引用元:http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2003%2030%2002.pdf

車内も車外もご覧の通り。
6 プランニング指針
土讃線アンパンマン列車は「それいけ!アンパンマン」の原作者である やなせたかし先生の故郷を運転する列車で、20周年の記念にアンパンマン列車 の中のアンパンマン列車をデビューさせます。
7コンセプトキーワード
2編成ともアンパンマンの世界観をふんだんに取り入れたデザインです。 特にアンパンマンのスタンダードを追求し、お子様のよく知るおなじみのなかまた ちが仲良く集まっている様子を表現します。
8 外装テーマ
アンパンマンが大好きなお子様にも伝えやすく親しみやすいテーマとして、 赤色をベースカラーにした笑顔の「ニコニコ」と黄色をベースカラーにした輝く 「キラキラ」としています。
9 1号車「アンパンマンシート」内装
20周年記念にデビューするアンパンマン列車に相応しく、「アンパンマンとなか またちとのたくさんの出会い」をテーマにお子様の目線でのデザインになっていま す。シート(座席)デザインは、なかまたちを大胆に表現したデザインで、まるで なかまたちと一緒に列車の旅をしているかのように演出します。

引用元:http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2003%2030%2002.pdf

出発式や展示会も行われる予定だそうです。楽しみですね。

↓ランキング参加中!よろしければクリック(タップ)お願いします!↓
鉄道コム

以上
↓↓当ブログで扱えてない鉄道情報はこちら↓↓ 鉄道コム